Top >  妊娠の初期症状 >  つわり

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

つわり

妊娠の兆候として特徴的なものに“つわり”があります。生理が遅れてしばらくしてからこの“つわり”が始まりますが、つわりになる時期には個人差がかなりあり、生理が遅れたかと思ったらすぐ“つわり”になる人もいますし、妊娠8週頃といった方もいらっしゃいます。 この“つわり”の症状にもかなりの個人差があり、つわりがひどくて寝こむ人もいれば、“つわり”があったのかどうか分からない人もいます。食欲不振、吐き気、胸のむかつき、食べもの好みの変化、唾液が多くなる、などが“つわり”の一般的な症状です。よく聞かれるのが「酸っぱいものが食ぺたくなる」とありますが、必ずしもそうなるものでもありません。 また、非常に稀なケースですが、生理が遅れた場合に、妊娠を強く望むあまり、妊娠をしていないにも関わらず“つわり”のような症状があらわれることがあります。想像妊娠とも言います。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 妊娠検査  |  トップページ  |  次の記事 妊娠の兆候、身体の変化  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。