Top >  妊娠の初期症状 >  妊娠と基礎体温

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

妊娠と基礎体温

早く確実に妊娠を知るなら、しっかりと基礎体温を測定しておきましょう。基礎体温は、一番正確に妊娠を知る方法と言えます。 排卵をすると、黄体ができて黄体ホルモンが分泌され高温相になります。妊娠をしなければ約2週間ほどで黄体が衰えて、黄体ホルモンが分泌されなくなるのです。そして月経が始まると次の排卵までは低温相となります。つまり黄体ホルモンが分泌されているかどうかで、基礎体温は高温相と低温相に分かれます。 妊娠をすると黄体は衰えることなくそのまま残り、黄体ホルモンが分泌され続けます。そして高温相が続くことになります。つまり高温相が3週間も続くようであれば、妊娠と考えても良いでしょう。 毎朝、基礎体温を測ってグラフにしていくのはかなり大変な作業かもしれませんが、安全で簡単に自分でできる方法なので、ぜひ実行してみてください。月経が1週間程度遅れたとしても、これだけでは妊娠かどうか判断することはできませんが、基礎体温をつけていれば妊娠かどうかの判断ができますよね。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 妊娠の兆候、身体の変化  |  トップページ  |  次の記事 妊娠と基礎体温グラフ  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。