Top >  妊娠の初期症状 >  妊娠と基礎体温グラフ

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

妊娠と基礎体温グラフ

月経(生理)が遅れるということは、実は排卵が遅れているということなのです。基礎体温グラフを付けていれば、このような排卵の遅れがすぐに分かるようになります。基礎体温が分かると、何かよいことでもあるのでしょうか?はい、お答えします!基礎体温のグラフというのは、少しぐらい描いてみても型どおりのキレイなグラフになることはありません。半年や、一年など、ある程度の期間を続けてグラフに描いているうちに、自分の基礎体温のパターンが分かってくるということなのです。 排卵日に体温が下がり、その後に高温相に移るといっても、そんなにはっきりと目に見えて分かるものでもありません。高温相に移ってしばらくすると、排卵日はこの頃だったんだなと、後から分かるようになります。それでも、基礎体温は排卵日を推定する最も有力な方法の一つなのです。妊娠したい、赤ちゃんが欲しいと思うあなたなら、ぜひ基礎体温を測っておきましょう。 最後に、妊娠したのかな?と少しでも感じるところがあれば、必ず医師の診察を受けるようにしてください。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 妊娠と基礎体温  |  トップページ  |  次の記事 産婦人科で診てもらう時  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。