Top >  妊娠の初期症状 >  産婦人科の尿検査

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

産婦人科の尿検査

妊娠とは、卵子が受精すると受精卵となり子宮内膜に着床します。この子宮内膜に着床した受精卵は、着床した場所に根をおろして胎盤が形成されていきます。ここまで来ると「絨毛性(じゅうもうせい)ゴナドトロピン」というホルモンが分泌されるようになります。絨毛性ゴナドトロピンは、黄体を衰えさせず機能を保ち続ける作用があります。 妊娠を判断するための尿検査では、尿中の絨毛性ゴナドトロピンの有無を調べています。その方法は簡単で短時間にて行われます。尿と試薬を混ぜ合わせて反応を見ると、絨毛性ゴナドトロピンの有無が分かります。 通常ですと、妊娠5週頃から反応が出ますが、分泌がまだ少ない場合には、1?2週間あいだを置いてから、あらためて再検査となります。 尿検査による妊娠判断はとても簡単で安全ですが、絨毛性ゴナドトロピンが分泌されているかどうかがわかるだけで、胎児の状態まで判断できるという事ではありません。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 内診とは何をされるの?  |  トップページ  |  次の記事 妊娠検査薬  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。