Top >  妊娠中に注意したい事 >  妊娠と風疹

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

妊娠と風疹

風疹(ふうしん)とは、“三日はしか”と呼ばれている、ウイルス性の感染症です。もしも、妊娠20週頃までに風疹に感染してしまうと、ウイルスが胎盤を通っていき、聴覚障害、心臓奇形、先天性白内障などの原因になる恐れがあります。 風疹は、ワクチン接種や一度感染をしていれば、免疫抗体ができるので、通常は二度感染する心配はありません。とは言いながらも、以前にワクチンを接種した人や、すでに風疹にかかったことがある人でも、念のために検査を受けておくことを推奨します。免疫抗体が十分に出来ていないことも考えられますし、風疹に似た症状の病気が他にもいろいろあるからです。 産婦人科における風疹の検査では、風疹の抗体が十分にできているかを調ぺます。抗体がきちんとできていると検査結果が出れば、もしも妊娠中に風疹が流行しても心配する必要はありません。ただし抗体が不十分であれば、ワクチン接種で抗体ができたのを確認した後に妊娠・出産へと進みます。 妊娠後の検査で免疫抗体がないと分かれば、あとは風疹にならないように祈るしかありません。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 妊娠・出産前の健康チェック  |  トップページ  |  次の記事 妊娠している?まさか!  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。