Top >  妊娠中に注意したい事 >  妊娠とB型肝炎

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

妊娠とB型肝炎

母子感染率が高いB型肝炎はウイルスによって感染し、妊娠・出産に際しては影響が気になる病気です。このB型肝炎の場合には、妊娠自体への影響は少なく、妊娠中の感染もまず考えられません。しかし、出産時におけるお母さんの出血により赤ちゃんに感染するという危険があり、その感染の割合は3?4割といった統計がでています。 B型肝炎については、血液検査でウイルスの有無を調べることができます。どこの病院においても、妊娠初期にはまず検査をします。B型肝炎はウイルスを持っていても症状が現れるとは限りませんので、感染しているだけの人をキャリアと呼びます。 B型肝炎ウイルスに感染した母体から生まれる赤ちゃんは、出産後すぐに検査を行う必要があります。この時に赤ちゃんがB型肝炎に感染していなければ、すぐにワクチン接種などの予防措置を行います。また、赤ちゃんがB型肝炎に感染していると分かれば、将来的に肝機能障害や肝硬変、肝臓ガンになる危険性が高くなるので要注意です。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 妊娠している?まさか!  |  トップページ  |  次の記事 妊娠と梅毒  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。