Top >  妊娠中に注意したい事 >  妊娠と梅毒

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

妊娠と梅毒

性病のひとつの梅毒はとても恐ろしい病気で、スピロヘータ・パリダという病原体が引き起こします。妊婦や胎児にも、とても影響が大きい病気のために、妊娠すると必ず検査を受ける必要があります。梅毒に感染しているとなると、母親の胎盤を通して赤ちゃんに感染、そして流産や早産の原因になったり、出産後の赤ちゃんにも症状が出て、死亡する恐れもあります。 もしも妊娠中だとしても、梅毒が見つかれば治療をしない訳にはいかない病気ですが、妊娠・出産前に治療が完了していればよいでしょう。妊娠前に検査を受けていれば、仮に妊娠後に梅毒が見つかったとしても、感染の時期を推定してしながら適切な処置が取りやすくなります。 梅毒の感染が新しいほど赤ちゃんに対する影響が大きいのですが、早期治療を行えば、赤ちゃんには感染せずに済むこともできます。妊娠前の検査がいかに大切かが分かっていただけましたでしょうか。最後に一つだけ、母親が先天性梅毒の場合には、赤ちゃんに影響が無いことを付け加えておきます。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 妊娠とB型肝炎  |  トップページ  |  次の記事 妊娠とエイズ  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。