Top >  妊娠中に注意したい事 >  妊娠とエイズ

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

妊娠とエイズ

エイズとは、後天性免疫不全症候群のことでHIVウイルスによって感染する病気です。このHIVウイルスに感染すると、関節痛や倦怠感、発熱などの症状が現れます。しかし、これらの症状は数週間で治まり、その後潜伏期間に入ります。エイズ発病までの期間は人それぞれで、半年から中には10年といった長い場合もあります。身体の免疫力がどんどん低下して、健康であればまったく問題のない病原体や細菌などにも感染してしまい、さまざまなエイズの症状が現れては身体が衰弱していくのです。 エイズという病気は、まだまだ多くの日本人にとっては意識の低い病気かもしれません。エイズに効果のあるとされる新薬などが出てきてはいますが、まだ今のところ十分な治療法が確立しているとは言えず、妊婦から胎児への感染率も大変高いので、妊娠前の検査がとても重要となっています。 HIV感染者の妊娠や出産に関しては、医師との十分な話し合い、そして適切な指導を受けることが必要でしょう。エイズの母子感染率は3割程度ですが、早い時期における帝王切開などの処置が取られているのが現状です。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 妊娠と梅毒  |  トップページ  |  次の記事 妊娠でなくても気をつけたい事  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。