Top >  妊娠中に注意したい事 >  妊娠でなくても気をつけたい事

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

妊娠でなくても気をつけたい事

あなた自身が妊娠しているかどうか分からなくても、女性として日頃から常に気をつけて欲しいことがあります。それは妊娠初期の大切な時期に、胎児を傷つけてしまうことのないように、意識しましょうという事です。 例えば、むやみやたらに薬を飲まないでください。頭痛薬、風邪薬、乗り物の酔い止め薬など、安易に薬に頼る生活からはオサラバしましょう。なぜなら薬に副作用は付きものですから。薬の種類や量にもよりますが「胎児にまったく影響がない。」「胎児に100%安全」と言いきれるような薬はないと思ってください。 インフルエンザなどの予防接種(注射)も同じです。妊娠していると分からなくても、予防接種は原則として受けるのはやめたいものです。また、レントゲン撮影におけるX線は、間違いなく胎児に有害なものです。X線の影響が大きいのは、妊娠初期の段階からです。胸部撮影程度なら問題ないと聞くこともありますが、バリウム検査ははっきり言って問題があります。 とにかく、妊娠の可能性を医師にしっかり伝え、事前にきちんと相談することが大切です。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 妊娠とエイズ  |  トップページ  |  次の記事 妊娠とタバコ  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。