Top >  妊娠中に注意したい事 >  妊娠中のお酒、コーヒー、紅茶は?

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

妊娠中のお酒、コーヒー、紅茶は?

妊娠中に摂取するお酒やタバコほどの悪影響が無いとは言え、やはりコーヒー、紅茶は少量にしておくか、やめてしまうのが赤ちゃんには安全です。妊婦が妊娠中に飲酒をすれば、血液に含まれたアルコールは胎盤を通して胎児にも流れます。未成年の飲酒が禁止されているのは、子供の成長に影響があるためで、当然ながらアルコールが胎児に良いわけがありませんよね。 飲酒の量や妊娠週数によっては、胎児に異常が起きることは知られており、胎児性アルコール症候群といわれる赤ちゃんが産まれることもあるのです。そのような場合には、赤ちゃんの出産後の成長は遅く、中枢神経系の機能障害が出ることもあります。また、妊婦が酔っ払って転倒してしまい、流産してしまう危険もあります。 カフェインを含むコーヒーや紅茶は、1日に1杯か2杯なら問題ないでしょう。しかし大量摂取は厳禁です。また就寝前に濃いコーヒーや紅茶を飲むと、なかなか寝付けなくなることもありますので、寝る前に飲むのも気をつけてください。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 妊娠とタバコ  |  トップページ  |  次の記事 胎教とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。