Top >  妊娠・出産の準備 >  血液型不適合の理由とは

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

血液型不適合の理由とは

血液型がRh(+)プラスの人は、血液中にRh抗原という物質を持ちます。また、Rh(-)マイナスの人なら、Rh抗原を持ちません。世間一般に認知されていることですが、Rh(-)マイナスは希少な血液型です。日本人においては200人に1人の割合しかこの血液型はいません。このために、Rh(-)マイナスを持つ女性が結婚する相手は、大抵の場合Rh(+)プラスの男性ということになります。お父さんがRh抗原を持っているので、その赤ちゃんもRh抗原を持ったRh(+)プラスの赤ちゃんになるということです。 知っておいて欲しい事は、Rh抗原のない母体にとっては、Rh抗原を持つ赤ちゃんは異物と同じという事です。母体はRh抗体を作って、異物に対抗しようとします。インフルエンザの予防接種では、抗体を作ってウイルスが侵入したときにやっつけてしまうのと同じ理屈です。 このために、問題となるのはRh(-)マイナスの女性にとっては2回目以降の妊娠です。初めての妊娠では、ほとんど問題になりません。初めての出産の後、Rh抗体をできなくする注射を受けておけば、2回目以降の妊娠・出産でも心配はありません。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 血液型不適合とは  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの出産時期  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。