Top >  妊娠・出産の準備 >  産婦人科医の問診内容

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

産婦人科医の問診内容

産婦人科にいくと、初めに問診票の記入をします。その問診票を元にして、医師が更に詳しい問診をしていきます。その後に、内診や尿検査を始めることが多いです。 「最終月経はいつ?」「月経周期は?」「出産経験はありますか?」「つわりの症状はあるの?」「過去の妊娠中や出産に異常はありましたか?」「流産や人工妊娠中絶の経験はありますか?」「これまでに罹ったことのある病気は?」「薬や麻酔のアレルギーは?」「持病や治療中の病気は?」「近親者の健康状態や遺伝性の病気はありますか?」などなど 中には恥ずかしいことや答えにくいことを聞かれるかもしれませんが、これらの問診内容は妊娠・出産においては大切な事なので隠さず正直に答えてください。妊娠・出産にまつわるあらゆる事態を想定しながら、医師は対応を考えていきます。問診の中で正しい情報が得られないと、もしもの時のミスジャッジに繋がります。当然、医師は患者の秘密を守る守秘義務がありますので、心配しなくて大丈夫です。 毎日基礎体温をつけている人は、必ず医師にも見てもらいましょう。非常に重要な診断の材料になります。もしも気になっていることがあったら、どんな些細な事でも医師に相談してみてください。とても大切な事かもしれませんから。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 産婦人科での問診票  |  トップページ  |  次の記事 内診とは何をされるの?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。