Top >  妊娠・出産したいが… >  高齢出産は何歳から?

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

高齢出産は何歳から?

高齢出産または高年出産とは一体何歳からのことでしょうか?これは、30歳を過ぎてからの初めての出産を経験することを、高年初産(高齢出産)と呼びます。過去に妊娠していても、例えば中絶や流産をしてしまっている場合には、出産の経験数には考慮しません。 人間の肉体的な機能としては、20歳代で成熟してから徐々に低下していきます。女性の妊娠・出産の機能も全く例外ではありません。女性の身体的な妊娠・出産に適した十分な年齢を、何歳と見るかは個人差にもよりますが、年齢が高くなればなるほど、妊娠・出産に関する不利な面が出てくる事は間違いありません。流産や早産の確率が高くなったり、胎児の先天的異常の可能性が高まります。 しかし現代では、30歳代でも十分な妊娠・出産の機能を持っている女性が多いので、元気な赤ちゃんを出産することができます。高年初産というのは医学上の定義でしかありませんので、30歳からを高年初産(高齢出産)というのは現代では若干違和感があるでしょう。医師とともに注意深く妊娠を見守っていけば心配ありません。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 出産に適した季節とは?  |  トップページ  |  次の記事 若年出産と高齢出産  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。