Top >  妊娠・出産したいが… >  若年出産と高齢出産

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

若年出産と高齢出産

高年初産が一概に危険とはいえません。逆に良い場合もたくさんあります。 例えば30歳過ぎともなれば、人間として精神的に成熟しているわけですから、精神的な余裕をもって出産に望むことができるでしょう。もちろん育児にも取り組むことができます。赤ちゃんを妊娠・出産する機会も限られてきますので、妊娠や出産に対する真剣さも変わります。それだけ赤ちゃんに対する思いが強く、生まれてくる子供への愛情もいっそう深くなるというものです。 反対に、19歳以下での出産を若年初産と呼びます。身体的な出産の機能としては、18歳になればほとんど問題はありません。ただし、両親ともに年齢が若すぎると、社会的や経済的にまだ自立できていなかったり、精神的にもまだまだ未熟な部分も多い場合があります。また、出産を望んでいない場合も少なからずあることが多いようです。もちろん若くして赤ちゃんを授かり、立派に育てている方はたくさんいらっしゃいますので、本人の自覚と責任感と同時に、周囲の温かい視線が欠かせません。

よく読まれているランキング

1位
初めての方には、3回用をオススメします!
デジタル妊娠検査薬の使い方!

2位
元気に安心して赤ちゃんを産みたい!
35才からの妊娠・出産について

3位
電磁波が身体に悪影響ありと、WHOの報告が!
お腹の中の赤ちゃんを守る対策法

 <  前の記事 高齢出産は何歳から?  |  トップページ  |  次の記事 妊娠検査  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「妊娠初期症状や初期出血などの兆候について」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。